木を切りたいなら

資料を見て打ち合わせ

大きな住宅に住んでいる人なら広い庭に大きな樹木がある人も少なくないでしょう。このような樹木は伐採ではなく剪定をすることが大半です。剪定ではなく、伐採をしようとする人の大半は、住んでいる住宅がこじんまりとした場合が多いものです。 いま、樹木の伐採を依頼する人で意外と多いのが、住宅の新築時にシンボルツリーとして木を植えた場合です。シンボルツリーとして適した樹木はいくつかありますが、個人の希望を優先した場合などには伸びすぎてしまうことも多くあります。伸びすぎたシンボルツリーは住宅との外観バランスも悪く、根が張るためせっかくの住宅の寿命も縮めてしまうことにもなりかねません。このような場合には新しい木を植え替えることが大半です。

樹木を伐採をするためには、自分でする方法もあります。のこぎりで切ることもありますが、太い木になると自力では手に負えません。また、太い木になると枝葉の量も多くなり処分も大きな問題になってきます。 このような場合には造園業者に依頼することが多くあります。造園業者では伐採金額は木の高さや伐採する状況のリスクによって変わってきます。もちろん木の高さが高いほど高額になります。また、近辺の状況、例えば近くに立ち木があった場合や機械が入るスペースがない場合にはリスク高くなることが考えられます。 自力でも木を伐採することができますが、間違った切り方をすると根が腐ったりすることもあり危険を伴います。樹木を伐採するときには専門家に依頼することが望まれます。